グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > スクールライフ  > 施設・設備

スクールライフ

施設・設備

日本の伝統美と最新機能を兼備

本校は飯山満駅(東葉高速鉄道)から至近の、保護林が残る恵まれた自然環境や有形文化財の歴史的建造物『長屋門』(現在、正門とし『東葉門』と命名)が残る由緒ある台地にあります。また、校舎は生徒の「学ぶ場」であり「生活の場」である、をモットーに、学習環境として十分な機能を有するのみならず、美しく豊かな人間環境として充実した施設・設備を完備しています。
中心部には自然採光による明るく、広々とした吹き抜けのホールを配し、全館冷暖房、エレベーター(4基)を備えたバリアフリー構造です。


正門(東葉門)

東葉門…東葉高等学校正門(近藤屋敷長屋門)
く国指定登録有形文化財>
本校の敷地は、江戸末期上飯山満村の名主総代を務めていた近藤四郎左衛門の屋敷跡である。正門として使用している長屋門は、四郎左衛門が幕府直轄の小金五牧の管理役である牧士にも任ぜられ、帯刀・乗馬・鉄砲所持が許される武士身分の格式を示すものである。

エンデバーホール

本館1階のこのホールは東葉のイベントの中心

各種講演会や集会を始め、軽音楽部やダンスドリル部の発表の場として活用

作法室

茶室「光淋亭」も併設の作法室
室内庭園を備え、風流な癒しの空間

生徒ホール

東葉生の憩いの場

コンピュータ室

情報学習の設備も充実
授業以外にも調べ学習や情報検定などに活用

体育館

トレーニングルーム、ランニングコースも完備
有事の際には、船橋市指定の防災避難所ともなる安全な施設

エレベーター

4基のエレベーターを完備

図書室

個別ブースの学習室も備えた落ち着きのある室内